HOME>ホットトピックス>日本刀の魅力は日本の文化でわかるので多くの人が注目

目次

美しいから多くの人の目が注がれる

日本の歴史の中で450年前から登場するのが刀です。それまでは剣として日本の歴史に残されています。室町幕府より日本刀が制作をされ、その呼び名は懐剣や短刀に大刀や小刀、小太刀と名があります。中でも、現代では2尺8寸や3尺刀を使う流派も残されていますが、その使い方が歴史にとって実用していたかは定かではありません。とはいえ、日本刀が多くの人から注目されるのは、歴史的に存在が大きい物であり、かつ戦う武器としてもカッコいい、だからこそゲームやアニメの世界に取り入れています。ただ、日本刀販売をしている業者でも多くの人が神秘なる刀に魅入られて購入する人も多くいるという点です。現代に残る武道がその魅力をさらにアップさせているからでもあるからでしょう。

趣味と神秘の魅力

日本刀販売をしている業者も、また日本刀の魅力に取り入られている一人でもあります。仕事だから知らなければならないという点もあるでしょうが、実は趣味で日本刀を扱う人が多く、その魅力を知っているからです。ゲーマーでも、ゲームをしているうちに刀が好きになり、自分で刀を購入するようになった人もいます。現に、骨董市で日本刀を所持して組み立てていく若い女性もいます。ゲームがきっかけで、また小説や時代劇やアニメといった所から入り、そこから日本伝統の武道と親しむようになり、真剣を購入するようになる人も多くいます。だからこそ、日本刀販売が現在急上昇なのでしょう。日本刀は武器ですが、神秘的な要素もあり多くのファンを現在も多くの人を魅了しています。

広告募集中